スクラップブッキングでアルバムをつくってみたら
スクラップブッキングのこと、アルバムのこと、日々の子育てのことを書いてみました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ケチケチページ
スクラップブッキングの飾り方は自分次第。

可愛いペーパーやモチーフをたっぷり使って特別な作品にすることもできるし、
写真をたくさん貼って、シンプルなペーパー使いでさっぱりと仕上げることもできます。


さて。タイトルを見ていただいてわかると思いますが、
私はペーパーをケチって使うのが大好きです

なぜか。

根っからの貧乏性の私はペーパーを無駄にすることができないんです。
しかも、私の使っているクリエイティブメモリーズのペーパーは両面デザインされていてかわいい。
ますます無駄にしたくないっっ

それに、ペーパーだって、お金を出して買ってますから。
長くアルバムを作りたいからこそ、一ページにかけるコストは抑えたい。


でも実は。
いかにケチって、見栄え良くしているかに喜びを感じたりしてます・・・・

そう。それはまるで、へそくりを貯める主婦の心理。



それでは、そんな私がやっている、ケチケチアイデアをご紹介します

写真やーペーパーが重なる部分をくり抜く
単純ですが、実によくやります。
ただし、くり抜く手間がかかるので、短時間で仕上げたい時には向かないです。
くり抜き
フォトマット(写真の下のペーパー)、写真部分は切り取ってあります。

モチーフを切り抜いたら、抜いた周りも使う
ケチるためにペーパーぎりぎりにモチーフをカットするよりも、
抜いた周りも使うのを想定して、カットした方が、後々使えます。
何ページもアルバムを作っていれば、使えるタイミングがありますよ。
目先のことだけでなく、長い目で見てみましょう。
どんぐり2
どんぐりモチーフの実の部分・・・
どんぐり1
切り抜いたところに、写真をはめてます。

切れ端も捨てない
切れ端をペーパーに挟み込んだり、ページの端っこに貼ると
色を足して、アクセントになったりします。
切れ端2
黄色いフォトマットのギザギザの切れ端を隅に・・・・
切れ端1
見開きの端っこ、ギザギザカットした切れ端をカードの上下に貼り付けてます。

また、私はペーパータグを愛用しているので、
ペーパータグの紐として使うことも多いです。
この紐は、本当に僅かなんですけれど、やっぱり色が足せて華やかに。
タグ1タグ2


ペンを使う
ペンで台紙に柄を書き込む。
ペーパーをケチることができるだけでなく、ページの雰囲気が変わるので一石二鳥!
ペン1
ペン2


ペーパーモチーフを使う
ペーパーでテープを作り、シンプルに飾りつけ、
多めのペーパーモチーフで飾る。
モチーフ


ペーパーはケチっているものの、モチーフの方が高いので、
コスト的には本末転倒ですが・・・・

残り少なくなったペーパーを有効に使えるという点では意味アリですよ。


こうして書いてみれば、そんな大した技でもいんですけど
簡単にできることなので、取り入れてみてはいかがでしょう
スポンサーサイト
[2013/07/12 20:00] | スクラップブッキング | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<雰囲気を伝えよう。 | ホーム | 8月伊丹WSのご案内>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://midorinoalbum0909.blog.fc2.com/tb.php/16-d0daeff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
はじめまして。廣江みどりと申します。

友人に紹介されてスクラップブッキングのことを知り、
二年半放置されていたムスメの写真データにようやく着手、アルバムを作り始めました。

作業が楽しくてすっかりはまってしまい、
今では伊丹でクリエイティブメモリーズのスクラップブッキング教室を開いています。

『趣味が高じて・・・』ってやつでしょうか。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。