スクラップブッキングでアルバムをつくってみたら
スクラップブッキングのこと、アルバムのこと、日々の子育てのことを書いてみました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アルバムのちょっといい話
今日は『アルバム』という存在についてのお話です。
ハンカチのご用意は・・・いるかな?  いや、いらないですね

私二人姉妹の次女で、姉がいます。
母は仕事をしていたこともありますが、マメなほうではないですね。
そして私はB型だからなのか、単に性格なのか、とにかく めんどくさがり屋です

そんなわけで、私は自分のアルバムの存在を知りません。
小さい頃の写真もあまり見た記憶がないですね。


一方、姉はというと。
一人目ということもあって、ちゃんとアルバムがあるんですね。
しかもA型だからなのか、きちんと自分で管理をしているんです。


なので、私はアルバムに対して、強い思い入れはなかったんですよ。

デジカメが普及しているこのご時世。
娘が生まれてから、可愛いわが子の写真もたくさん撮りました。
先に子供を二人生んでいる姉は、子供たちのアルバムをそれぞれにきちんと作っておりまして、
やっぱり子供のアルバム、作るべし、だよなぁ~ なんてぼんやりとは思っていたんですね。

ところが。

デジカメであるのを良いことに、写真を撮りまくった結果、データばかりが溜まりました。
しかも似たような写真でも、どれもが可愛くて(ああ親バカ)なかなか消すことができず・・・
データ整理をしようと思っても、家事・育児で落ち着いてPCの前に座る時間はなく・・・

『写真を撮ったって、プリントするわけじゃないし。アルバムもなんだか作るかどうか怪しいし。
データ管理もできないし。別にいいかなぁ・・・』


なんて思い始めたりしまして。

帰省などのイベントですら、カメラを構えず、すっかり写真を撮る気力を失くし
動きの遅いオンボロPCにも嫌気がさし、データ管理が更にずさんになって、写真データを約半年分も失くし

もう、自暴自棄


でも。
そんな私が。
なぜ今、アルバムに携わる仕事をしているのかというと。

転機があったのですよ。
人生の転機・・・いや、そんな大層なもんではないですが。

2才になったばかりの娘がウィルス性胃腸炎にかかりました。
嘔吐、発熱、ぐったり。
かるい風邪ぐらいしか かかったことのない娘だったので、私はどうしていいかわからず
ひとまず娘に請われるまま、1日中抱っこをしてあげたのです。
昼寝の間も、寝かしつけるのも。とにかく、ずーーーーっと。

そしたら!腰椎間板ヘルニアになってしまったんです・・・・
(育児中のお母さん方!本当にお気を付けください!!)
立っても、座っても、歩いても、寝てても、痛い。
お姑さんに泊りがけで家事と育児をお願いし、私は毎日通院し、毎食後に痛み止めを飲む日々。

それでも5か月もすれば、周りの助けのおかげで、多少は出歩けるくらいには快復しました。
ただ子連れで出かけるのはできないし、遠出もちょっと・・・


そんな時、友人にスクラップブッキングの体験教室に誘われたんです。
(なーんか、通販のパンフレットに出てきそうなフレーズですね
スクラップブッキングって名前ぐらいしか知らなかったんですけど、
外出できずにモヤモヤしていた私は、気晴らしを兼ねて参加してみました。

体験教室で作業しているときは、悩んでばかりでちっとも進まず、自分には向いてないかも・・・なんて思ってたんですけど。

 ずーっと心の奥で気にかけていた娘の写真データ。 『・・・整理、できるかも

 そして行動に制限があるヘルニアのわが身。 『こんな今の私でも、できるかも


こうして、スクラップブッキングを始めることにしたんです。


始めてみれば、もともと工作の類の好きだった私、すっかり楽しくなってしまいまして、
育児の合間の楽しみだった韓ドラタイムが、スクラップタイムになり、
ヘルニアも順調に快復して、アドバイザーとして教室を開くようになりました
人生は何事も タイミングですね。



こうして趣味にもなり、仕事にもなり、コツコツと娘が寝ている隙に作業を進め、
アルバムも少しずつ形になってきた頃。

ある方がアルバムを見て、

『なんだか、私も一緒にさきちゃんの成長を見守ってきた気分になったよ』

っておっしゃってくださいました。

その時、『うわ、思い出を共有できるってのはこういう事か』って思ったんですね。

アルバムって・・・・そういうことのできる、貴重なツールだったんですよ。
ただの成長記録でも写真の保存方法でもなかったんですね。

こういうお仕事をしていながら、その時にようやく気づきました。


あんなにもアルバムの存在を軽く考えていた私ですが、
今は、心から、娘にアルバムを作ってあげたいと思ってます。



・・・どうでしょう、タイトル通り、いい話でしたかねぇ?
やっぱり、ハンカチ、要らなかったですよね
スポンサーサイト
[2013/04/25 20:00] | ワタクシゴト | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
はじめまして。廣江みどりと申します。

友人に紹介されてスクラップブッキングのことを知り、
二年半放置されていたムスメの写真データにようやく着手、アルバムを作り始めました。

作業が楽しくてすっかりはまってしまい、
今では伊丹でクリエイティブメモリーズのスクラップブッキング教室を開いています。

『趣味が高じて・・・』ってやつでしょうか。

最新記事

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。